info.gif

2019年12月09日

出雲市議会建設農林水産委員会・環境経済委員会と出雲市建設業協会役員との意見交換会

◆ 市議会出席者:14名(正副議長、各委員会委員)
◆ 市協会出席者:10名(会長、副会長、理事)

11月29日(金)、川上議長、萬代副議長の出席もいただき、出雲市議会建設農林水産委員会・環境経済委員会の委員の皆様と、当協会役員との意見交換会を開催しました。

昨年度までは、建設水道委員会との意見交換でしたが、今年度からは、上下水道事業が環境経済委員会の所管となったことに伴い、2つの委員会との意見交換となりました。

西村建設農林水産委員長の進行のもと、協会からは、建設業界の現状、社会資本整備の推進、働き方改革の推進、災害等発生時の対応、市の工事発注に係る課題・要望事項等について、意見を述べました。

これに対し、議会の皆様からは、災害対応を含む社会資本整備の必要性やこれに係る予算の確保への取組み、建設業界の実情を考慮した受注しやすい工事発注(適正な工期設定、施工期間の平準化、入札制度の改善等)への取組み・必要性について意見をいただきました。

就業者の高齢化が進む一方で、若年労働者の確保・育成が喫緊の課題となっている建設業が、より魅力ある業種として地域・社会に貢献していくためにも、市・議会・市協会(建設業界)が思いをひとつにして、仕事(公共工事)量を増やし、働き方改革を推進してくことが重要となってきます。

そのためにも、大変有意義な意見交換会となりました。

皆様には、お忙しい中ご参加をいただきありがとうございました。 

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg


posted by 出建 at 18:50| お知らせ