info.gif

2019年08月02日

令和元年度 土木工事現場視察研修

日  時】
令和元年7月30日(火)午後1時30分〜午後3時30分

【参 加 者】
30名/18社

【視察現場@】
工事名:次期可燃ごみ処理施設敷地造成工事
工事場所:出雲市古志町地内
工期:自 平成30年7月5日 至 令和2年3月15日
発 注 者:出雲市
工事施工者:今岡工業・中筋組・フクダ特定建設工事共同企業体

【視察現場A】
工事名:市道古志86号線外道路改良工事(6工区)
工事場所:出雲市古志町地内
工   期:自 平成30年10月2日 至 令和元年12月28日
発 注 者:出雲市
工事施工者:ナカサン・ミシマ産業特定建設工事共同企業体

令和元年度事業計画に基づき、土木工事現場視察研修を実施しました。
今年の土木工事現場視察研修は、視察する工事現場を検討する中、出雲市発注の次期可燃ごみ処理施設造成工事、並びに隣接して工事が進められている古志86号線外道路改良工事(6工区)を視察させて頂く事となりました。

13:30協会を出発し13:50頃に現地に到着しました。バス到着と同時に工事概要の説明書を配布して頂き、現場説明して頂く場所まで歩いて移動しました。

初めに、造成工事の監理技術者であります、今岡工業の日野様より、工事内容等の説明を受けました。
造成工事は土工事が主であるという説明でありましたが、約40万m3の土砂掘削は最近では珍しい大規模土工の工事であると思いました。

又、現場の方は土工事の方はほぼ完了している状況であり、4.5m3バックホウによる40tアーティキュレートダンプへの積込等実際の作業状況を見る事は出来ず残念ではありましたが、想像していたより広い造成の敷地面積であり、こういった大規模土工の現場を見学する機会は少なく、参加された皆さんは良い経験をされたのではないかと思います。
2019_0730R1土木見学会@.jpg

2019_0730R1土木見学会A.jpg


次に、ナカサンの岩崎所長様よりアクセス道路として隣接している古志86号線の道路改良工事(6工区)の工事内容の説明を受けました。
この工事は次期可燃ごみ処理施設にアクセスする道路の改良工事であり、当日は路床の安定処理作業をしておられる状況でした。
この古志86号線の工事は、他にも何工区も施工中の工事があるという事でしたが、令和4年度末の供用開始予定に向け着々と工事が進捗している実感を受けました。
2019_0730R1土木見学会B.jpg

2019_0730R1土木見学会C.jpg
 工期も終盤を迎えるという事でしたが、どうか最後まで無事に工事が完成しますよう心からお祈りしたいと思います。

最後に、この度お世話になりました、今岡工業・中筋組・フクダ特定建設工事共同企業体並びにナカサン・ミシマ産業特定建設工事共同企業体の工事関係者の皆様には心から御礼申し上げます。

土木委員長 荒 木 眞 信
posted by 出建 at 14:14| お知らせ