info.gif

2018年11月20日

石川耀(きく)弓(よ)氏講演会

11月15日13時30分より潟_ヴィンチ・ブレインズ・代表取締役 石川耀弓氏を招いて、「異分野こそアイデアの宝庫 〜ソニーのエジソンの発想法に触れる〜」というテーマで講演会を開催しました。

石川氏は『ソニーの女性エジソン』の異名を持ち、CCDイメージセンサ、CCDカメラの開発・設計に従事。デジカメの電子シャッターの特許で全国発明表彰受賞、社内特許表彰の最高位『特級表彰』を2回受賞。

やがて、技術をビジネスに変える技術経営者に転身されました。

そんな大活躍の最中、2007年、交通事故で瀕死の重態。今までのキャリアが全て消え去ったと感じた時、こんな状態の自分でも人の役に立っていると実感する体験から、生きているだけでまる儲けの心境に到達し奇跡の復活をされました。

その後、地球に恩返し出来る『地球産業』を興す為、2009年に独立起業。全国の商工会議所を巡り、中小企業のキラリと光る技術の種をお金に変える講演・指導をすると共に慶応義塾大学・理工学部の特別講義で教鞭をとるなど新たな歩みを始められました。

2013年、日本感性工学会主催の“かわいい感性デザイン賞”を受賞しモノづくりを発信する“フィールウェア・プロジェクト”を発足され、中小企業を製品に「かわいさ」を注入することで売れる商品に変えた事例を実物を見せながら紹介されました。

半導体も建設業も一つ一つ部品を繋ぎ積み上げて行く過程は同じだと強調されました。現場の様子などを遠隔地でもカメラを使い無線で把握できる技術も紹介があり実際に現場に転用できるものとして紹介がありました。

アイデアの出し方や仕事内容の適性評価法などにも話が及び予定時間をオーバーしましたが、60人近い参加者が熱心に耳を傾けました。

親睦・研修副委員長 浜村一彦

2018_1115H30第2回講演会20012.jpg

2.jpg

3.jpg

posted by 出建 at 09:28| お知らせ