info.gif

2018年06月28日

平成30年度 安全大会


6月25日(月)午後1時30分より出雲建設会館大会議室において、平成30年度安全大会を会員事業所から約80名の参加を得て開催しました。

最初に主催者を代表して今岡会長の挨拶の後、平成29年度出雲市発注の建設工事の安全パトロールにおいて、安全成績が著しく良好で安全活動を積極的に推進し、工事現場の安全向上に努めた事業者並びに個人を表彰しました。

続いて、福間出雲労働基準監督署長、荒薦出雲警察署長、多々納出雲市財政部次長(出雲市長代理)から来賓祝辞を頂き、建設現場等での労働災害防止並びに交通事故防止に努めるようご指導頂きました。

次に「労働災害は絶対に起こさない」との強い決意のもと、安全意識の高揚と安全活動の定着達成に向け、大会宣言が採択され、前半を終了致しました。

続いて、記念講演に移り、講師として出雲弥生の森博物館館長 花谷 浩氏に『古代出雲の土木と建築』と題してご講演頂きました。

今から1300余年前、「日本」という名前が登場した頃から暫くして、既に全国で幅6m〜9mもの道路建設が行われていて、古代山陰道の痕跡もここ出雲市にも確認されているという、我々建設業界に関係の深い内容に驚きとともに非常に興味深く聴講いたしました。

最後になりましたが、本年度も会員の皆様方のご協力により、盛況な大会となりましたことを感謝申し上げます。

安全委員長 矢野 学

※安全表彰された方々は次のとおりです。


【団体表彰】
トガノ建設・スエヨシ建設・クサカ建設JV
「高松コミュニティセンター建築工事」

【個人表彰】
妹 尾 英 幸 (潟gガノ建設)
「高松コミュニティセンター建築工事」


1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

posted by 出建 at 10:04| お知らせ