info.gif

2018年11月29日

『出雲市議会建設水道常任委員と市協会役員との意見交換会』

◆ 市議会出席者: 7名 (議長、建設水道常任委員)
◆ 市協会出席者:11名 (会長、副会長、理事、監事)

11月26日(月)、福代議長の出席も得て出雲市議会建設水道常任委員会の皆さんと、当協会役員との意見交換会を市議会委員会室において行いました。

原委員長進行のもと意見交換を行い、協会からは、建設業界の現状、社会資本整備の推進、公共工事の減少、災害時の緊急対応、また、喫緊の課題である若年層の担い手確保等について説明をさせていただき、議会の皆様には理解を深めて頂きました。

このほか、建設業界における労働力の確保・働き方改革の推進として、適正な工期設定、週休二日の推進、施工時期などの平準化、予定価格の適正な設定、ICТ(情報通信技術)の積極的な活用、書類の簡素化、外国人労働力等について意見交換を行い、1時間20分間有意義な意見交換会となりました。

議会の皆様方には、お忙しい中ご参加をいただきありがとうございました。 


1.jpg

2.jpg

3.jpg

posted by 出建 at 14:56| お知らせ

2018年11月20日

石川耀(きく)弓(よ)氏講演会

11月15日13時30分より潟_ヴィンチ・ブレインズ・代表取締役 石川耀弓氏を招いて、「異分野こそアイデアの宝庫 〜ソニーのエジソンの発想法に触れる〜」というテーマで講演会を開催しました。

石川氏は『ソニーの女性エジソン』の異名を持ち、CCDイメージセンサ、CCDカメラの開発・設計に従事。デジカメの電子シャッターの特許で全国発明表彰受賞、社内特許表彰の最高位『特級表彰』を2回受賞。

やがて、技術をビジネスに変える技術経営者に転身されました。

そんな大活躍の最中、2007年、交通事故で瀕死の重態。今までのキャリアが全て消え去ったと感じた時、こんな状態の自分でも人の役に立っていると実感する体験から、生きているだけでまる儲けの心境に到達し奇跡の復活をされました。

その後、地球に恩返し出来る『地球産業』を興す為、2009年に独立起業。全国の商工会議所を巡り、中小企業のキラリと光る技術の種をお金に変える講演・指導をすると共に慶応義塾大学・理工学部の特別講義で教鞭をとるなど新たな歩みを始められました。

2013年、日本感性工学会主催の“かわいい感性デザイン賞”を受賞しモノづくりを発信する“フィールウェア・プロジェクト”を発足され、中小企業を製品に「かわいさ」を注入することで売れる商品に変えた事例を実物を見せながら紹介されました。

半導体も建設業も一つ一つ部品を繋ぎ積み上げて行く過程は同じだと強調されました。現場の様子などを遠隔地でもカメラを使い無線で把握できる技術も紹介があり実際に現場に転用できるものとして紹介がありました。

アイデアの出し方や仕事内容の適性評価法などにも話が及び予定時間をオーバーしましたが、60人近い参加者が熱心に耳を傾けました。

親睦・研修副委員長 浜村一彦

2018_1115H30第2回講演会20012.jpg

2.jpg

3.jpg

posted by 出建 at 09:28| お知らせ

2018年11月19日

「出雲市監督員と現場代理人との意見交換会」

平成30年11月14日(水)
10:00〜11:45 建築部門
13:15〜15:00 土木部門
15:15〜17:00 舗装部門

出雲市監督員と現場代理人との意見交換会を上記の日程で出雲建設会館において開催しました。

当日は、多々納市財政部次長はじめ担当部署から監督員14名に参加を頂き、建築部門29名、土木部門33名、舗装部門24名総数86名で意見交換を行いました。

はじめに事前に提出した要望・質問事項について市担当者よりそれぞれ回答があり、続いてグループに分かれそれぞれ意見交換を行い、その内容について終了後発表をして頂きました。

市監督員と現場代理人間での意思疎通も図られ、双方にとって有意義な意見交換会となりました。
  
意見・要望事項の回答と意見交換会の内容につきましては、後日あらためて会員事業所宛にメール等でお知らせいたします。

お忙しい中ご出席して頂きました市監督員の皆様、現場代理人の皆様ご協力ありがとうございました。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

posted by 出建 at 10:07| お知らせ

2018年11月07日

「市長要望」

11月2日(金)当協会の今岡会長をはじめ副会長4名計5名で長岡市長へ要望活動を行いました。

要望内容は、

(1)社会基盤の整備に加え災害に強い地域づくりなど持続的な事業量確保

(2)平成31年度からの入札制度改正にあたっての内容の見直しの2点について要望を行い、市長からは一定の理解を示していただきました。

また、出雲市の現状、今後についての意見交換も行いました。

1.jpg

2.jpg
posted by 出建 at 08:33| お知らせ