info.gif

2018年10月02日

現場におけるIT活用研修会

平成30年9月27日13:30より出雲建設会館にて(一社)出雲市建設業協会とチーム出雲オープンビジネス協議会の共催により「現場におけるIT活用研修会」を開催いたしました。

3年ほど前から、地元のIT企業が連携し結成された団体、チーム出雲オープンビジネス協議会と建設業界がコラボし、お互いが知り合い知恵を出すことでより便利な建設現場での作業、ビジネスチャンスを創出することを目的として活動を始めました。

こういった取り組みをする中でこのたび講師を招いて研修会を開催することといたしました。

1部の講演では松江工業高等専門学校 環境・建設工学科 教授 大屋誠氏からは「最新のIT技術を活用した建設イノベーション」と題して、松江工専が松江新大橋の景観検討を行うために3Dモデリングを用いた例や、最新のIT技術や三次元モデルを活用した設計・施工例、タブレット、ドローンの活用事例など多岐にわたって講義いただき進化し続ける建設現場について学びました。

以前現場管理者を招いて行った意見交換会を行いましたが、その中で要望として一番多かったのが、市役所担当者とのスケジュール調整のための情報共有であったことから、潟Tテライトオフィス 代表取締役社長 原口豊氏とワークスモバイルジャパン鰍フ内藤佐知子氏を招いてLINEのビジネス版であるLINE WORKSについて詳しく紹介してもらい、セキュリティーを確保した安心してビジネスで使えるツールを知ることができました。

2部のIT見本市では3つのブースに分かれてソフトメーカーから工事情報共有システム、災害復旧効率化支援システム、顔認証システム、リスクアセスメント対応ソフト等について説明を受け最新の技術を紹介してもらいました。

今回の研修会を通して建設業者はITを使ってどんな問題が解決できるのかを知り、IT業者は建設業者が何をしていてどんなニーズがあるかを知るきっかけとなり、地元企業の活性化に繋がる第一歩となりました。

親睦・研修委員会
副委員長 浜村一彦

H30IT研修会(第1回)掲載用 次第 .pdf


1.jpg


2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg


posted by 出建 at 10:23| お知らせ