info.gif

2018年10月25日

平成30年度 土木工事現場視察研修

【日  時】平成30年10月22日(月)午後2時30分〜午後3時30分

【工事名】「(一)大野魚瀬恵曇線 古浦西長江工区 防災安全交付金(改築)トンネルその1工事」

【工 事 場 所】松江市鹿島町古浦地内

【工    期】自 平成29年3月16日 至 平成31年2月15日

【発 注 者】 島根県土木部

【工事施工者】 今岡工業・カナツ技建工業・トガノ建設特別共同企業体

【参 加 者】 26名/13社

平成30年度事業計画に基づき、土木工事現場視察研修を実施しました。

今年の土木工事現場視察研修は、視察する工事現場を模索する中、島根県土木部発注のトンネル工事を視察させて頂く事となりました。

視察現場が鹿島町という事もあり、協会より17名が乗車し、途中道の駅秋鹿なぎさ公園にて9名の方が乗車され、総勢26名での研修となりました。

13:30協会を出発し14:30頃に現地に到着しました。バス到着と同時に綺麗に印刷された工事のパンフレット及び工事概要の説明書を配布して頂きました。

初めに、当工事の監理技術者であります、今岡工業の大国様より、工事内容等の説明を受けました。

トンネルの延長は603mで、現在のところ約550m程度掘削が完了し、11月初旬頃に貫通予定という事で工事が進んでいるとの説明でありました。

その後、トンネル坑内の切羽の様子を視察させて頂くという事で坑内を進んで行きましたが、坑内のズリ出し作業が完了しておらず、安全面を考慮して坑口から約300m地点までの視察を行いました。

なかなか掘削途中のトンネル工事の坑内を見学する機会は少なく、参加された皆さんは良い経験をされたのではないかと思います。

この路線が開通すると、幹線道路として松江市街地を経由せずに島根半島へのアクセスが可能とかなり、産業・観光の振興が期待されているばかりでなく、島根原子力発電所の被災時における緊急避難道路ともなり、地元住民の安全確保にも繋がる大切なトンネルである事がわかりました。

あと少しで貫通を迎えるという事でしたが、どうか最後まで無事に工事が完成しますよう心からお祈りしたいと思います。

最後に、この度お世話になりました、今岡工業・カナツ技建工業・トガノ建設特別共同企業体の工事関係者の皆様には心から御礼申し上げます。

土木委員長 荒 木 眞 信

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

posted by 出建 at 09:39| お知らせ

2018年10月22日

平成30年度 親睦ゴルフコンペ


10月16日に出雲空港カントリー倶楽部にて「平成30年度 (一社)出雲市建設業協会親睦ゴルフコンペ」が開催されました。

今年は各社2名までと参加条件を緩和したところ総勢24名の皆さんに参加いただきました。朝から非常に穏やかな晴天に恵まれ絶好のゴルフ日和となりました。

今回は他のコンペが多数入っていて、平日と言えども土日並みの混雑ぶりでスロープレーを余儀なくされました。

皆さん待ち時間が長くてペースをつかむのに苦労されたのではと察します。

70台のハイスコアで回られた方、1年ぶりにプレーされ不安の中ラウンドされた方、様々でしたが笑い声が絶えない楽しい親睦の時間を過ごされました。 

さて、順位のほうですが、大和建設鰍フ水口賢一さんが見事優勝されました。

来年もさらに多くの方に親睦を深める楽しい場としてご利用いただければと思います。

1位  水口賢一 大和建設
2位  伊藤俊郎 巨X山組
3位  阿部秀男 鰹ャ畑建設

親睦委員会 副委員長:浜村 一彦

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg



posted by 出建 at 10:37| お知らせ

2018年10月11日

平成30年度(第1回)建設工事現場安全パトロール実施

爽秋の候、会員各社におかれましては、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

さて、先般、出雲労働基準監督署木田様、出雲市役所吉川様、高橋様にもご参加いただき平成30年度第1回安全パトロールを7現場において2班体制で実施させていただきました。

あいにく、工程の都合で作業がなかった現場もありましたが、全般的に書類の整備や資材の整理整頓、作業状況も良好だったと思います。

点検結果については、始業時の体調を含む各種チェックの実施、重機作業などの詳細な実施計画の策定および周知、KY活動や安全打合せ時の安全指示と関係請負人の確認署名の記録、安全工程打合せ簿へのWBGT値の記録などについて、工夫を凝らした良好な安全衛生活動に取り組まれていることが確認できました。

反面、残念ながら災害防止協議会の記録や提出された協力業者の安全書類の点検状況、作業手順書の周知の署名などが確認できなかった事例もあり、お忙しい中とは思いますが、もう一歩踏み込んだ安全衛生管理にご期待しております。

秋が深まりゆくこれからの季節、冷え込みも徐々に厳しくなりますので、お身体にお気をつけいただき、無事故・無災害で皆様と共に明るい年末年始と工事の竣工をお迎えできますように心より祈念しております。

また、当協会の各種安全活動を通じて、会員各社の皆様と共に出雲市内の建設業労働災害の防止に努めてまいりますので、今後とも御協力の程、よろしくお願いいたします。

最後になりますが、この度、安全パトロールへの対応に御協力いただきました現場の皆様に厚く御礼申し上げます。

安全委員長 矢野 学

1.jpg


2.jpg


3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

posted by 出建 at 13:51| お知らせ

2018年10月10日

安全研修会の開催

平成30年度の安全研修会が建設業労働災害防止協会島根県支部出雲分会と当協会との共催で9月28日(金)午後1時30分から出雲建設会館において約80名の参加者を得て賑やかに開催されました。

第一部では、出雲労働基準監督署 安全衛生課長 土江秀昭様から「建設業における第13次労働災害防止計画について」と題してご講演いただき、出雲労働基準監督署管内における労働災害の現状の説明に続いて、平成30年度を初年度とする島根労働局第13次労働災害防止計画の内容について説明していただきました。

また、3K(キツイ、汚い、危険)職場から脱却して、3A(安全で、明るく、安心できる)職場を目指すように提唱され、最後に全国労働衛生週間の内容について説明していただきました。

第13次労働災害防止計画においては、8つの重点項目から法令改正や働き方改革を踏まえて安全衛生活動の基本となるところを丁寧に解説していただき、基本に立ち返った安全衛生活動の推進に大変役に立つお話だったと思います。

第二部では、出雲警察署 交通課交通総務係長 和田陽介様から「島根県の交通情勢と交通事故防止について」と題して、全国、県下、出雲警察署管内の交通事故発生状況から県内事故の特徴の説明があり、ハイビームや歩行者保護の重要性や管内の人身交通事故の傾向から画像を用いて危険予知の重要性の説明をしていただきました。

続いて、死角による事故を防ぐために、自分の「眼」で「観る」ことが重要なことや田園型事故の原因のひとつであるコリージョンコース現象などの目の錯角のお話を映像を交えて分かりやすく解説していただきました。

労働災害や交通事故は、当事者のみならず御家族をはじめ関係者に大きな損失をもたらすものであり、今後一層、私個人は勿論のこと、周りの皆さんに対しても安全意識の高揚を図るように努めていこうと思います。

最後に、講師の皆様をはじめご聴講いただきました会員事業所の皆様、関係各位のご協力により有意義な研修会になりましたことに感謝申しあげます。
   
安全委員会
委員長 矢 野 学

1,県防災出雲分会 加納安全委員長 挨拶.jpg
建災防出雲分会 加納安全委員長 進行

2,県防災出雲分会 岩ア副分会長 挨拶.jpg
建災防出雲分会 岩ア副分会長 挨拶

3,講演 建設業における第13次労働災害防止計画について.jpg
講演 建設業における第13次労働災害防止計画について

4,講演 島根県の交通情勢と交通事故防止について .jpg
講演 島根県の交通情勢と交通事故防止について
posted by 出建 at 07:20| お知らせ

2018年10月02日

現場におけるIT活用研修会

平成30年9月27日13:30より出雲建設会館にて(一社)出雲市建設業協会とチーム出雲オープンビジネス協議会の共催により「現場におけるIT活用研修会」を開催いたしました。

3年ほど前から、地元のIT企業が連携し結成された団体、チーム出雲オープンビジネス協議会と建設業界がコラボし、お互いが知り合い知恵を出すことでより便利な建設現場での作業、ビジネスチャンスを創出することを目的として活動を始めました。

こういった取り組みをする中でこのたび講師を招いて研修会を開催することといたしました。

1部の講演では松江工業高等専門学校 環境・建設工学科 教授 大屋誠氏からは「最新のIT技術を活用した建設イノベーション」と題して、松江工専が松江新大橋の景観検討を行うために3Dモデリングを用いた例や、最新のIT技術や三次元モデルを活用した設計・施工例、タブレット、ドローンの活用事例など多岐にわたって講義いただき進化し続ける建設現場について学びました。

以前現場管理者を招いて行った意見交換会を行いましたが、その中で要望として一番多かったのが、市役所担当者とのスケジュール調整のための情報共有であったことから、潟Tテライトオフィス 代表取締役社長 原口豊氏とワークスモバイルジャパン鰍フ内藤佐知子氏を招いてLINEのビジネス版であるLINE WORKSについて詳しく紹介してもらい、セキュリティーを確保した安心してビジネスで使えるツールを知ることができました。

2部のIT見本市では3つのブースに分かれてソフトメーカーから工事情報共有システム、災害復旧効率化支援システム、顔認証システム、リスクアセスメント対応ソフト等について説明を受け最新の技術を紹介してもらいました。

今回の研修会を通して建設業者はITを使ってどんな問題が解決できるのかを知り、IT業者は建設業者が何をしていてどんなニーズがあるかを知るきっかけとなり、地元企業の活性化に繋がる第一歩となりました。

親睦・研修委員会
副委員長 浜村一彦

H30IT研修会(第1回)掲載用 次第 .pdf


1.jpg


2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

8.jpg


posted by 出建 at 10:23| お知らせ