info.gif

2015年12月07日

平成27年度第1回安全パトロール実施

(一社)出雲市建設業協会では11月30日(月)に平成27年度第1回目の建設工事現場安全パトロールを実施致しました。

当日は当協会から今岡会長、福代副会長、安全委員7名、事務局長の10名と工事発注機関である出雲市役所から2名、出雲労働基準監督署から安全専門官1名のご参加を頂き、2班に分かれて7現場を巡回しました。

7現場の内訳は建築現場3個所と下水道現場2個所、道路改良及び公園整備現場各1個所でした。

今回のパトロールでの気づき事項の要点を以下に記載しました。

◇良かった点
@外国人就労者に対する安全指示等が良好なコミュニケーションのもとで適正に伝達され、安全衛生活動が良好に維持されていることが確認できました。
A重機作業での作業指示が施工前チェックリスト欄を記載した書式を使って、周知徹底が図られていることが確認できました。
B現道脇の歩行者通路の夜間照明用器具に太陽光を利用した近隣ではあまり見かけない器具が採用されており、歩行者への配慮に工夫のあとが見られました。

◇改善を要す点
@足場階段に於いて、地面から一段目のステップの高さが高く、昇降時に事故を誘発する恐れがあり、設備の改善が必要な現場がありました。
A屋外喫煙所に備え付けられた「消火器」については、使用期限切れのものは適時交換し、設置する場所も雨水対策や転倒防止対策を講じて設置して下さい。
B現場に掲示してある施工体系図に記載されている許可業者については、抜かり無く建設業の許可票を明示し、許可更新等変更があれば適時変更表示を行なって下さい。

このほか一般的な注意事項として、移動式クレーンの転倒事故防止には定格荷重を厳守し、アウトリガーの張出し位置や敷き鉄板等での養生についても地盤の支持力を考慮した対策を講じて使用して頂きたいとの安全専門官からの指導がありました。

会員各社の現場担当者さまに於かれましては、これからが正念場となりますが、ご自身や現場関係者への健康管理にも留意されながら毎日の安全衛生活動を確実に行ない、的確な安全指導のもとで、無災害での完成、引き渡しをお願い致します。
 
最後になりましたが、このたびご協力、ご対応頂きました現場の皆さまに対し、厚く御礼申し上げます。 
「ご安全に!」

安全委員会委員長 和田 豊

2015_1130H27安全パトロールB班0009.JPG

2015_1130H27安全パトロールB班0002.JPG

2015_1130H27安全パトロールA班0028.JPG

posted by 出建 at 17:36| お知らせ